2017年2月18日土曜日

ありがとう、テキちゃん。 Our tortoise who spent together for 23 yearspassed away.

Tex 1994?-2017

まだ気持ちに整理が付きませんが、23年連れ添ったペットのリクガメが亡くなりました。出会った時は生まれたてではなかったので、少なくとも23~25歳位だったかなと思います。美術大学に行くために東京に引っ越してから、彼とはずっと一緒に過ごしてきました。その間、人生の大事な節目にあいました。彼との思い出はあまりにも大きいです。

子供の頃、ミヒャエル・エンデの「モモ」を読んで以来、ずっとリクガメを飼いたいと思っていて、大学に入って独り暮らしを始めた頃にようやくその夢がかなってから多くの時間を彼と共有しました。管弦楽部やジャズ研の合宿に連れて行ったりもしました。おもらしして笑われたりしたのも良い思い出の一つです。

眠っていてもいつもなら触られたらピクッと身体を動かしたり足を引っ込めたりと、何らかの反応があるのですが全く動きませんでした。その予兆は数日前からありましたが、顔を出して少し左前脚に寄り添うように首を傾けて、のんびり眠っている様子だったので、逝ってしまったかどうかなんて認めたくない感じでした。あまりにも安らかな顔をしていたので。

今日は晴れていました。冬の晴れです。
私たち夫婦とお舅さんは庭にあるソヨゴの木の下に彼を埋葬しました。大きな木の下でのんびり寝かせてあげたかったからです。お姑さんはペットが亡くなったことを知り「亀ちゃんのこと聞いて...しばらく寂しいだろうから」と同じ時に亡くなったディック・ブルーナさんの亀のぬいぐるみをもってきてくれました。家族に支えられていることを実感しています。

ありがとう、テキちゃん。あなたと一緒に過ごせて幸せでした。 私たちは永遠にあなたのことを忘れません。

ありがとう。



追伸:
一週間経って、テキちゃんのお墓にフラワーウォーターを撒いてお参りしていたら雨が降ってきました。
「伯母さんのお葬式の時もそうだった。涙雨だってお坊さんが言っていた。今日は晴れの予報だったのに」
との事。テキちゃんが我々に返事を返してくれたのかもしれないな、としみじみしています。不思議な事ってあるものですね。(2017.2.25)


爪を切ってる時はすごく怖がっていました

よくこの石に体を預けて甲羅干ししていました


He loved a bath time.

I haven't sorted out my feelings yet. My tortoise passed away. 

From I moved in Tokyo to go to the art university, I've been spent 23 years with him. Maybe he was about 25 years old because he had grown up a little when I found him at a shop.

When I read the book "Momo" by Michael Ende, I've been hoped to have my tortoise, and was able to welcoming him when I was an art university student. Yes, I still was an art student and my grandfather of mother side and grandmother of father side were alive yet.

During this, I had experienced many things. New arts, film works, editorial design, playing instruments at the orchestra and the Jazz bands, lost love, death of my friend, my grandma and grandfather(who was a naval veteran), getting employments, sick, marriage with my husband, the illustration business at Bologna, a road accident, bullying situation at the office, depression, infertility and... 
There were too many memories with him. He turned around and came here when I talked him. I've been spent with my dog over 30 years ago, but Tex's loss is very sad, too. Really I miss you.

Today was sunny day. He had a peaceful face. We and my father-in-law buried him to rest under the longstalk holly tree(Ilex pedunculosa, ソヨゴ) at our garden. Thank you Tex. We were happy to spending with you. We never and forever forget you. 

Rest in Peace, our boy.

18 February 2017


P.S.
When we visited in my pet grave at our garden and prayed for him, it began to rain silently though It was sunny. my husband said,
"It might the rain of tears. Once, a buddhist monk told me after my aunt's funeral."
(25 February 2017)

0 コメント :

コメントを投稿

 
;